「財務三表(B/S、P/L、C/F)」はひとつの考え方でつなげて理解する

2.会社の成績表(財務三表)
※ページに広告が含まれる場合があります。

財務三表と聞くと、どうしても、難しく感じて避けてしまいがちだと思います。

私もこの記事で説明する考え方を知るまではそうでした。

ただ、この考え方を初めて聞いた時、なんだそうゆうことなんだと思いましたし、財務三表の理解が一気に進みました。

この記事では、財務三表をひとつの考え方でつなげて理解する方法をわかりやすく解説します。

この記事は、
・風土の違う5社での経験
・数百名のマネジメント経験
・数千社への営業経験
・100回を超える勉強会の講師経験
・1,000冊近い読書経験

これらの経験を持つよしつが実体験から得たことを元に書いています。

この記事を読むと三表がどうつながっているのか?それぞれ何を表しているのか?どう見ればいいのか?がわかります。

科目等は触れなくても理解できますので一切触れません。気軽に読み進めてください。

財務三表を理解できるたったひとつの考え方

  • 会社は、現金を使って現金を増やす器

財務三表はこの考え方ですべてつながっています。財務三表はつなげて理解しましょう。

財務三表で会社の活動の何が分かるか?

会社の活動を表す一枚の図

上図は「会社の活動」を1枚の図で表しています。財務三表は、「会社の活動」に現金を投入し、その結果現金がどれだけ増えたか?の「プロセス」と「結果」を表しています。

(上図の詳しい説明は、 「1枚の図」と「一言で要約+詳細解説」でビジネス基礎知識をわかりやすく解説を参照)

財務三表をひとつの考え方でつなげて理解する

財務三表とは?

・貸借対照表(B/S)
・損益計算書(P/L)
・キャッシュフロー計算書(C/F)

財務三表とはこの3つのことです。この3つが「現金を使って現金を増やす器」という考え方でつながっているのです。

財務三表はどのようにつながっているか?

会社の活動は以下の流れはこの通りです。

1.現金を集める
2.集めた現金を使って投資する
3.投資したものを使って売上を上げる
4.売上を上げるために使った経費を差し引く=利益
5.これらの活動で現金がふえたのかどうかを確認する

1で集めた現金を使って、最終的に5で現金が増えたかどうかを確認する。

この流れが、まさしくつながっているということの意味です。この活動をそれぞれ数値化したものが、財務三表です。

これは、会社で日々おこなっている活動を一言で表しています。

ちなみに、貸借対照表(B/S)が1.2、損益計算書(P/L)が3.4、キャッシュフロー計算書(C/F)が5を表しています。

それぞれの財務三表を解説していきます。

財務三表のそれぞれを解説

貸借対照表(バランスシート、B/S)とは?

貸借対照表は「どのようにお金を集めて」「何に投資しているか」を表しています

まずは右側の説明です。どうお金を集めているか?です。

大きく2つあります。負債と純資産です。

どうお金を集めているか?「負債」

負債は返済の必要があります。金融機関からの借入や買掛金などです。

金融機関の借入は大きく2つあり、短期借入金(1年以内に返済)と長期借入金(1年以上後に返済)です。

買掛金とは、サービスや商品は購入し請求されているが、まだ、支払日が来ていないものです。

BtoBの商売では、信用取引と言われる、購入後一定期間たった後に支払う掛取引が一般的です。

現時点では、費用を計上しており、利益はマイナスとなっていますが、まだ支払っていないため、支払い分の現金がまだ会社に残っています。お金を借りていることと同じなので負債になります。

(買掛金の詳細は、支払いサイトとは?売掛金・買掛金とは?をまとめてわかりやすく解説を参照)

どうお金を集めているか?「純資産」

純資産とは、返済の必要がないものです。会社を立ち上げる時に株主が出資した資本金、株を発行し買ってもらったお金、過去の利益を積み上げたものなどです。

株式については、もし会社が倒産したとしても返済の義務はありません。過去の利益についても当然返さなくていいお金です。

当然、返さないといけない負債(銀行借入)が多いと当然経営が厳しくなります。なぜなら、返済期限ががあることと、借りた金額に金利分を上乗せして返済しないといけないからです。

逆に純資産が多いと経営が楽になります。多くの返さなくていいお金で事業を行うことができるからです。ただ、株数に応じた配当を1年に一回出す必要はあります。

ちなみに純資産は自己資本とも言います。自己資本比率(=負債全体に占める純資産の率)という言葉を、聞いたことがある方もいるかとは思います。

自己資本比率が高いと、返さなくていいお金を集める率が高いことになりますので、経営が安定すると言われます。

何に投資するか?

左側は集めたお金を何に投資したか(=使ったか)を表しています。

・現金のまま持っておく
・建物や機械を購入する
・ソフトウェアを買う
・有価証券に投資する など

当然集めたお金と投資したお金は一緒です。したがって、右と左の金額が一致する=バランスする=バランスシートと言います

また、貸借対照表(=バランスシート)は、同じ期だとしても、3月1日と12月5日では数字が変わります。支払金額の大小や設備投資したかどうか等が変わるからです。したがって、期末最終日時点(3月末決算だと3月31日時点)の数字で表すルールとなっています。

貸借対照表(B/S)の詳細は「財務三表はつなげて理解「貸借対照表(B/S)」編をご覧ください。

損益計算書(P/L)とは?

損益計算書(P/L)は「投資したもので商品を作って売上を上げ」、「売上を上げるために使った費用を差し引く」と残ったものが利益となり、この数字をそれぞれ表しています。

投資したもので商品を作って売上を上げる

販売する商品は、他社から仕入れたり、自社で作る必要があります。

そのために、B/Sの左側にある建物施設や現金を使います。

それらの投資して、得たり作ったものを顧客に販売することで、売上が上がり現金を頂くことができます。

これがP/Lの一番上に記載される売上となります。

売上を上げるために使った費用

費用には大きく2つあります。

売上原価と販売管理費です。

売上原価は、製品・商品・サービス等を作る際に直接かかった費用です。仕入原価、原材料、加工費などです。

販売管理費とは、製品・商品・サービスを販売するために使った費用です。広告宣伝費、製造に直接関わらない人件費(営業担当やスタッフ等などです。

残ったものが利益

売上から費用を引くと利益となります

損益計算書は、1年間かけて売り上げたものと、1年かけて使った費用を差し引きした金額を利益とするので、1年間の期間合計で数値を出します。

損益計算書でややこしいのは、利益がいくつも出てくることです。売上総利益、営業利益、経常利益、税引き前利益、純利益と利益が5つも出てきます。

まずは、売上から原価を引いた売上総利益(粗利)と、売上総利益から販売管理費を引いた営業利益だけを理解すれば大丈夫です。

損益計算書の詳細は財務三表はつなげて理解「損益計算書(P/L)」編をご覧ください。

キャッシュフロー計算書(C/F)とは?

キャッシュフロー計算書(C/F)は、「本業での現金の増減」と「資産・有価証券等での現金の増減」と「銀行・株式等での現金の増減」により、最終的に現金が増えたのか減ったのかを表しています

昔は、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)の2つが公表されていましたが、2000年度から上場会社については、キャッシュフロー計算書も(C/F)公表が義務付けられました。

会社は、俗に言う「赤字」でも、現金があれば倒産しないし、現金がなければ黒字でも倒産します。

したがって、現金の増減は、会社の経営状況を見る上で非常に大事な部分なので追加されました。

ここで疑問をいだく人がいます。

損益計算書(P/L)で純利益が出ている=現金が増えるのでは?と考える人も多いと思いますが、正解でもあり、不正解でもあります。

損益計算書(P/L)は会計のルールを元に、利益を算出しているのです。ルールなので厳密には現金の増減とは違う結果となります。

例えば原価償却費。資産となる何かを買うと、例えば5年で償却しなさいという複数年に分けて計上するルールがあります。

結果、現金は資産を買った直後に全額支払うので減りますが、損益計算書(P/L)では、複数年に分けて費用計上します。

例えば、100万円で買った資産を5年で償却する場合、100万円を5年間に分けて毎年20万円ずつ費用として計上します。結果、この時点で現金残高と損益計算書(P/L)が変わります。

したがって、キャッシュの増減を見るためにキャッシュフロー計算書(C/F)が必要となるのです。

キャッシュフロー計算書(C/F)は大きく3つに分かれています。営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローです。

それぞれ説明します。

営業キャッシュフロー

本業での現金の増減です。

商品やサービスを販売して得た純利益、原価償却費、商品在庫や作りかけ商品の在庫、売掛金・買掛金などを現金が増えたか減ったかで足し引きを行います。

純利益は現金が増えます。原価償却費は先ほど説明したように、計上と支払いが異なるので足し引きし直します。商品在庫は、部品等はすでに仕入れているので、業者に現金を支払うため現金が減るので引きます。

このように現金の増減を算出します。

投資キャッシュフロー

資産や有価証券を買うと現金は減り、売ると現金が増えます。会社は資産に投資する必要があるため、それらの活動による現金の増減を表しています。

財務キャッシュフロー

銀行借入すればお金が入ってくるので現金はプラス。返済すれば現金は減ります。その他株式を発行して株を買ってもらったら現金はプラスです。これらを足し引きします。

合計=増減

営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローを足し上げて現金(=キャッシュ)が増えたか減ったかを記載しています。ここで昨年と比べて現金が増えたのか減ったのかがわかります。

キャッシュフロー計算書の詳細は「キャッシュフロー計算書(C/F)」超簡単解説&使い方紹介をご覧ください。

財務三表をひとつの考え方でつなげて理解する「まとめ」

1.現金を集める→2.集めた現金を投資する→3.投資したものを使い売上を上げる→4.売上を上げるために使った経費を差し引く=利益→5.これらの活動で現金が増えたかどうかをを確認する

貸借対照表(B/S)が1.2、損益計算書が3.4、キャッシュフロー計算書(C/F)が5を表す

このようにつながりで考えると財務三表がまとめて理解することができます。

別の記事で有名企業の財務三表の解説をしています。以下の気になる会社を参照して下さい。

キーエンスオービックZOZO出前館モノタロウエムスリーワークマンABCマートビズリーチメルカリサイボウズ無印良品ラクスルfreeeSansanダイキン工業日本M&Aセンターラクス)。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

何回も読んだおススメ本の紹介は以下を参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回読んでも学べた本厳選!ビジネスに役立つおすすめ本はこちら

記事一覧から探したい場合はこちら

記事一覧
会社の本質に加えて、上記の会社の活動を表した1枚の図に従って、項目分けをしています。知りたい部分からご覧ください。 上図の説明は、よしつブログトップページを参照下さい。 会社関連用語の本質 本質 まとめ記事 「会社関連用語の「本質」 本質 ...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました