一番基本のフレームワーク「開発→生産→販売」をわかりやすく解説

3.フレームワーク・法則
※当ページのリンクには広告が含まれています。

様々なビジネスに関するフレームワークが存在します。そのフレームワークの中で一番基本となるものがあります。

ビジネス=商売の基本となる、このフレームワークを頭の中に入れておくと、ビジネスに関連する様々なことが整理しながら理解できます。

この記事では、このビジネスで一番基本となるフレームワークである「開発→生産→販売」を、使い方含めてわかりやすく解説します。

この記事は、
・風土の違う5社での経験
・数百名のマネジメント経験
・数千社への営業経験
・100回を超える勉強会の講師経験
・1,000冊近い読書経験

これらの経験を持つよしつが実体験から得たことを元に書いています。

(あわせて読みたい、ビジネスフレームワーク・法則27選を用途別に分けて紹介

ビジネスで一番基本となるフレームワークとは?

「開発→生産・仕入→販売」のフレームワーク

誰もが知っている当たり前の内容です。

フレームワークというと大げさに聞こえるかもしれません。ただ、このフレームワークが本当に最強なのです。

・なぜ「開発→生産・仕入→販売」が一番基本なのか?
・「開発→生産・仕入→販売」の詳細解説
・具体的な使い方

に分けてそれぞれ紹介します。

なぜ「開発→生産・仕入→販売」が一番基本なのか?

製品・商品・サービスを提供することがビジネスの基本

製品・商品・サービスを提供する、「開発→生産・仕入→販売」の仕組みがあることで、お客様に製品・商品・サービスを安定的に提供できます。

製品・商品・サービスがなければ、お客様にお金を頂くことができませんので、ビジネスが成り立ちません。

したがって、「開発→生産・仕入→販売」がビジネスの一番の根幹であり、基本となるのです。

また、「開発→生産・仕入→販売」の各フローは、どれがかけても製品・商品・サービスを提供できないため、この3工程がセットです。

「開発→生産・仕入→販売」の詳細解説

「開発→生産・仕入→販売」は、製品・商品・サービスを創り(開発)、創ったものを安定的に届ける仕組みを作り(生産・仕入れ)、購入してもらう(販売)という流れです。

・開発
・生産・仕入
・販売

それぞれを説明します。

開発

製品・商品・サービスを創り出す

開発とは、お客様の課題ややりたいことや困ったことを解決する製品・商品・サービスを形にする工程です。

アイデアを形にする、新しい素材等を製品・商品・サービスに組み込むなどで、今世の中に存在するものより、良い製品・商品・サービスを創りだす工程です。

製造業ではイメージしやすいですが、仕入れ販売業でも、どんな製品・商品・サービスを提供するかを考える工程です。

生産・仕入

製品・商品・サービスを安定的に提供する

生産・仕入れは、開発された製品・商品・サービスを安定的に生産・仕入する工程です。

開発されたものと同じものを安定的に作る工程なので、主に工場での生産や、システム系では、サーバー等の構築・保守がこの工程です。

販売

製品・商品・サービスを知ってもらい買ってもらう

良い製品・商品・サービスが開発され、生産体制・仕入れ体制が整っても売れなければ、ビジネスになりません。

知ってもらい、購入しようと思ってもらい、実際に購入という行動をおこなってもらうために活動する工程となります。

具体的な使い方

具体的にこのフレームワークの使い方を紹介することで、どれだけ有用なフレームワークであるかを紹介します。

各社の強みを把握する

それぞれの会社には強みと弱みがあります。

その際に、「開発→生産・仕入→販売」それぞれのどの部分が強みなのか?を分析してみることで、その会社の本当の強みを把握できます。

例えば、年収がとても高いことで有名なキーエンスさんの例です。

キーエンスさんと言えば、営業力がある会社と言われています。

営業力があるとは、「開発→生産・仕入→販売」の中で、「販売」が強い会社ということになります。

ただ、キーエンスさんの財務諸表を見ると、売上総利益率(粗利率)80%を超えています。この利益率を営業力だけで稼げるでしょうか?

また、生産体制は外注しているので、生産が強みにはなりません。

確かに営業力も強いのですが、キーエンスさんの一番の強みは「開発」です。

キーエンスさんの商品開発のポリシーは、粗利(=売上総利益)率が80%以上の商品を開発することです。

キーエンスさんのHPを見るととてもたくさんの製品が掲載されています。

そのすべての製品が粗利率80%以上なのです。

したがって、売れば売るだけ大きな利益ができるため大きく儲かります。

その儲かったお金を人件費にまわしているので、給料が高いのです。

このように、世間一般では、営業力の強い会社と言われていますが、このフレームワークでひとつずつ見ていくと実は開発が強いことがわかります。

(詳しくは、「キーエンス高利益率の理由」をわかりやすく解説を参照)

会社の課題の発生場所を把握する

「開発→生産・仕入→販売」の流れの中で、課題が発生しやすいのはどの部分でしょうか?

一番起きがちなのは、上記フローの→」の部分です。

生産の方は、なぜ開発はこんな難しい仕様にするんだろう?こんな仕様では安定生産できずに不良品が発生するではないか?

販売はなんでもっと計画的に販売しないのだろう?急に沢山生産しろと言われてもできないよ。

販売の方は、なんでこんな売れない製品を開発するんだ?こんな生産体制では、せっかく販売しても不良品や納期遅れでクレームになるだけだ。

開発の人は、なぜお客様のニーズを販売は把握できないのか?生産の制約が大きいと良い製品が開発できないじゃないか?

このような各部署が思う他の部署への不満はどの会社でも同じように発生します。

まさに、「開発→生産・仕入→販売」の「→」部分に対する問題なのです。

では、この「→」部分の課題は誰が解決する責任を持つのか?ここが曖昧になっている場合が多くあります。

開発内は開発部長の責任、生産・仕入れ内は生産・仕入部長の責任、販売内、販売部長(営業部長)の責任です。

ただ、この間の「→」に起きる課題は、その上長である社長や事業部長となりますが、現実的な業務では、それぞれの部長の協議が必要となり、利害関係が対立し課題解決に至らない場合が多くあります。

また、一番現場で働く人々は、各部署の最適化を図ります。ただ、その最適化が会社全体において最適な方法となっていないことも多いのです。

まさに、部分最適と全体最適の違いなのです。

(詳しくは、全く違う!全体最適と部分最適の違いをわかりやすく解説を参照)

だからこそ「開発→生産・仕入→販売」のフレームワークで業務をとらえておき、自部署の最適化の視野ではなく、全社としての最適化での考えを持つことができるようになることが重要になるのです。

組織図から戦略を予測する

組織の本質は、1人ではできないことができることです。

そのために、役割を分担して業務をおこないます。この分業体制を表したものが組織図です。

組織図を見てみると、開発部、生産(工場)・仕入部、販売部(営業部)に分かれている場合が多くあります。

会社を完全に上記の組織に分業するパターンもあれば、事業部で括って、その中に上記のように分業する事業部制もあります。

組織図の「開発→生産・仕入→販売」の体制を見ることで、どのような戦略を考えているかが予測できます。

IT人材を理解する

IT人材という言葉を皆さん聞いたこともあると思いますが、具体的にIT人材ってどんな業務の人でしょうか?

一般的にはエンジニアをイメージされると思います。

ただ、このような場合も、「開発→生産・仕入→販売」のフレームワークで見ると、理解しやすくなります

開発に関わるIT人材とは、例えばAIを使ったシステム開発をはじめ、新しいWebの仕組み開発をおこなう人です。

生産に関わるIT人材と言えば、できたシステムの保守・維持管理をおこなう人のことです。

販売にかかわるIT人材とは、SEO対策等による、自社のHPへの流入数を拡大するWebマーケティングをおこなう人材です。

上記のようにIT人材と言っても、様々な仕事があり、開発だけでなく、生産、販売にも広がります。

IT人材というと、システム開発系に感じますが、システムには開発と生産に分かれます。さらに、販売でもIT人材は必要になります。

このように、このフレームワークで見ることで、IT人材を区別して理解することができるのです。

広告宣伝の機能を理解する

広告宣伝は、「開発→生産・仕入→販売」の販売の一部です。

開発し、生産されたものを「消費者に伝えて、欲しいと思ってもらう」ことが広告宣伝の目的です。

広告宣伝というと華のある部署に感じますが、実は、販売の一部の機能でしかありません。

すでに開発・生産体制が構築されたものをどのように伝えるのか?だけになります。

華やかに見える広告代理店業界ですが、実は、この販売の一部が業務なのです。

マーケティングを理解する

「開発→生産・仕入→販売」の流れ全体を考えることがマーケティングです。

ただ、マーケティングという言葉ほど、人により定義が違うものはありません。

マーケティングの一般的な定義は、製品・商品・サービスが売れる仕組みを作ることです。

人によりさまざまな意味で使われるマーケティングは広義・狭義・手法でとらえると理解できます。

具体的に言うと、広義では、「会社の活動そのもの」です。少し狭義で見ると「開発→生産・仕入→販売」の流れ全体を設計することの意味になります。手法では、市場調査や広告宣伝等です。

したがって、このフレームワークを頭に描きながら、コミュニケーションを取ることで、人それぞれのマーケティングという言葉の定義がイメージできるので、的確なコミュニケーションが取れます。

(マーケティングについては、マーケティングとは?広義・狭義・手法に分けると理解できるを参照)

バリューチェーン、サプライチェーンを理解する

バリューチェーンもサプライチェーンも基本的には、
「開発→生産・仕入→販売」の流れを最適化することが目的になります。

バリューチェーンはその工程ごとの付加価値に焦点を当てますが、サプライチェーンは、供給体制にスポットを当てているだけの違いです。

時間戦略、差別化戦略を理解する

会社の戦略を考える際も「開発→生産・仕入→販売」で見ると理解できます。

戦略を大きく2つに分けると、差別化戦略と時間戦略に分けることができます。

① 差別化戦略とは、「開発→生産・仕入→販売」の中でどの部分を強みにすることで、他社との製品・商品・サービスの差別化を図るか?
② 時間戦略とは、「開発→生産・仕入→販売」のサイクルをいかに早く回すか?

製品・商品・サービスをベースに様々な戦略がありますが、良い製品・商品・サービスを提供するために、どこかに特化する差別化戦略と全体のサイクルを早く回す時間戦略があることが、このフレームワークで理解できます。

営業担当、広告宣伝、SEOは同じ工程

営業担当、広告宣伝、SEOを「開発→生産・仕入→販売」のフレームワークで見るとすべて販売の工程です。

ということは、この3つの根幹は同じことをやっていると言えます。

営業担当をおくのか、広告宣伝を使うのか、SEO対策をおこなうのか、もしくは組み合わせるのかを選択しているだけです。

ビジネスで一番基本となるフレームワークの「まとめ」

「開発→生産・仕入→販売」のフレームワーク

が一番の基本となるフレームワークです。

このフレームワークが基本となるので、ビジネスに関連することをこのフレームワークを通してみると、それそれの役割が理解できます。

常に頭の片隅の置いておくことで、得た知識の整理整頓、理解しにくい事の理解等のメリットが多くあります。

活用してみてください。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

アマゾンさんで電子書籍の定額読み放題サービスがあります。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

読み放題「Kindle Unlimited」をおススメする人しない人
AmazonさんのサービスにKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)があります。 指定された電子書籍であれば、定額で読み放題となるサービスです。 月額税込980円というお手ごと価格となっていますが、サービスの内容から、おス...

読み放題「Kindle Unlimited」をおススメする人しない人はこちら

おススメ本を紹介しています。以下のページを参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回読んでも学べた本厳選!ビジネスに役立つおすすめ本はこちら

記事一覧から別の記事を探したい場合はこちら

記事一覧
ビジネス用語の本質 まとめ記事 ビジネス用語の「本質」 各記事 「会社」の本質とは? 「仕事」の本質とは? 「商売・ビジネス」の本質とは? 「会社組織」の本質とは? 「売上・利益」の本質とは? 「製品・商品・サービス」の本質とは? 「増収増...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧

タイトルとURLをコピーしました