なぜ勉強しないといけないのか?をわかりやすく解説

2.社会人1年目知っておきたいこと
※当ページのリンクには広告が含まれています。

学生・社会人に関わらず、勉強することを求められます。

とても嫌ですよね。

社会人になっても、難しい問題に直面しますので、学生時代以上の勉強が必要になります。

ただ、なぜ勉強しないといけないのか?と検索すると、能力を上げるためとか、視野を広げるためとか、専門知識を得るためとかの「勉強する本当の目的」ではないことばかりが出てきます。

では、勉強の本当の目的とは何でしょうか?目的が明確にならないと、誰も頑張れないですよね。

この記事では、そもそもなぜ勉強しないといけないのか?という、素朴な質問に対して目的を含めてわかりやすく解説します。

(あわせて読みたい、社会人1年目知っておきたい考え方・意識・習慣19選)

勉強をする目的

選択肢を増やすため

勉強することで基礎力が上がります。その結果、学校や会社や職種などを選べる選択肢が広がります。

限られた選択肢から選ぶのか?広い選択肢から選ぶのか?では大きな違いですよね。

その違いを生むものが勉強です。

逆に言えば、選択肢を広げなくてもいいのであれば、無理に勉強する必要はありません。

勉強とは?を紹介した後に、詳細を解説します。

勉強とは?

知らないことを知ることで能力を上げる基礎を作る

知識を実際に使うことで、能力に変わります。ただ、いきなり能力は上がりませんので、まずは知識を得る必要があります。

そのための方法が勉強なのです。

(知識と能力の違いは、「知識と能力とスキルの関係」をわかりやすく解説を参照)

※勉強と言う言葉の意味は幅広いので、この記事では、わかりやすくするために勉強を座学で学ぶことに限定します。

人は、慣れたことに対してはそれほど、抵抗はないのですが、新しいものを知ることに対しては脳が抵抗します。

これは持って生まれた本能です。だから勉強が辛いのです。

「なぜ勉強しないといけないのか?」の詳細

選択肢が増えるためといいましたが、なぜ選択肢が増えるのか?また増えたメリットは何なのか?を解説します。

選択肢が増える理由

権利を獲得できるから
できることが増えるから
任されることが増えるから

勉強すると能力が上がる確率が上がります。その結果、上記のことがおきます。

それぞれを詳しく説明します。

権利を獲得できるから

世の中の多くの選択肢は平等ではありません。学力がないと偏差値の高い学校に入れません。

また、会社に入社する際も同じことがおきます。

偏差値の高い学校や良い会社に入ることができるということは、その偏差値以下の学校やその他の会社も選択肢に入ります。

逆に低い場合は、高い学校や会社が選択肢に入りません。まさに、選択肢の多さにつながるのです。

もちろん、偏差値等が低くても高い学校や会社は受けることが出ますが、入れる確率はとても低くなります。

できることが増えるから

勉強して、知識を得ることで、さまざまなことができる能力を得る確率が上がります。

その結果、選べることが増えます。

できないことは選べませんが、できることは選べます。

任されることが増えるから

社会人になり、会社に属すると、自分のやりたいことが必ずできるわけではない経験をします。

なぜなら、上司などの他人が皆さんの業務を決めるからです。

その際に誰に何をかませるかを上司が考えた際に、勉強している人とそうでない人どちらに大きな役割を依頼するでしょうか?当然昇進についても同じです。

自分ではなく、他人が決めることで、責任の大きな業務が任され給料が上がるのです。

このことが選択肢を増やすことにつながります。

選択肢が増えるメリット

・自分の意見を遠慮せずに言える
・心の余裕

それぞれ紹介します。

自分の意見を遠慮せずに言える

選択肢が沢山あると、今のポジションを守ろうという意識が相対的に低くなります。

その結果、守るものが減ることで好きな発言ができ、上司等にも遠慮せずに議論できます。

実はこの結果、より認められて、より良い役割が回ってくることも多いのです。

心の余裕

選択肢が増える大きなメリットは「心の余裕」です。

選べることがたくさんあるので、少数のことに縛られないのです。

選択肢が少ししかなければ、その選択肢の中で頑張らないといけません。

たまたまその選択肢が自分にあっていればいいですが、そうでなければとてもつらいことになります。

これがストレスの大きな原因にもなります。

いつでもどこにでも他のことに変われる選択肢があることで、縛られることなく、自分の意思で変更できるので、心の余裕が生まれるのです。

社会人のたった2つの勉強方法

・ビジネス関係書を読む
・文章を書く

社会人になってからの勉強法はこの2つが中心になります。それぞれを解説します。

ビジネス関係書を読む

深い知識を得ることができる

深い知識を得るには、1テーマを深く考察した情報に接することが大事です。

したがって、1つのテーマで情報量が豊富な本を読むことをおススメするのです。

ネット等の記事では、表面上の知識を得ることはできますが、深い知識がつきません。

なぜなら、情報量が少ないからです。本は1冊10万字、ネットの1記事は多くて5,000文字です。

読む本のおススメの領域は、以下の図です。

・ビジネスを学ぶ
  →経営問題 課題 戦略 戦術会計Webマーケ
・能力アップ方法を学ぶ
  →論理思考自分を知る
・人を学ぶ
  →思考の癖進化心理学歴史
・外的環境(国内)を知る
  →経済
・外的環境(海外)を知る
  →文明地政学

私が1,000冊近く本を読んだ結果、必要となる領域をまとめたものです。クリックするとおススメの本を紹介したページに飛びます。

文章を書く

・論理思考が身につく
・知識を能力に変えることができる

知識を使って文章を書くことで上記2つのことが取得できます。

文章で何かを伝える際に、当然全体の流れや言いたいことその根拠を示す必要があります。

その際の考え方が論理思考そのものだからです。

また、頭にある知識を文章にすることで、知識を実際に使う経験をします。

知識を使って初めて能力に変えることができるので、文章としてアウトプットする経験が能力アップにつながるのです。

(詳しくは、「社会人の勉強」おススメするたった2つのことをわかりやすく解説を参照)

なぜ勉強しないといけないのか?の「まとめ」

選択肢を増やすため

勉強することで基礎力が上がります。その結果、学校や会社や職種などを選べる選択肢が広がります。

また、選択肢が増える理由は

権利を獲得できるから
できることが増えるから
任されることが増えるから

これらになります。

いやな勉強ですが、間違いなく選択肢が増えます。自分の人生の道を複数持てることは、本当の豊さにつながります。

がんばって勉強しましょうね。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

アマゾンさんで電子書籍の定額読み放題サービスがあります。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

読み放題「Kindle Unlimited」をおススメする人しない人
AmazonさんのサービスにKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)があります。 指定された電子書籍であれば、定額で読み放題となるサービスです。 月額税込980円というお手ごと価格となっていますが、サービスの内容から、おス...

読み放題「Kindle Unlimited」をおススメする人しない人はこちら

何回も読んだおススメ本の紹介は以下を参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介はこちら

「社会人一年目・若手におすすめ」「会社とは何?」「ビジネスの基礎知識」「問題解決フレームワーク」「有名企業分析」「20代の転職」で沢山記事を書いています。以下のサイトマップで記事一覧を参照ください。

記事一覧
ビジネス用語の本質 まとめ記事 ビジネス用語の「本質」 各記事 「会社」の本質とは? 「仕事」の本質とは? 「商売・ビジネス」の本質とは? 「会社組織」の本質とは? 「売上・利益」の本質とは? 「製品・商品・サービス」の本質とは? 「増収増...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました