社会人の最初の3年間で経験してほしいたった1つのこと

4.個人力(最初に知りたいこと)
※ページに広告が含まれる場合があります。

会社で働く人は、自分の生活のために多くの時間を働くことに使います。

何年仕事をするかは人それぞれですが、仕事をする以上、長く過ごす会社での時間を、充実して過ごしたいと考える人が多いと思います。

そのために、社会人になった最初の3年間に経験してほしいたった1つのことがあります。

その経験を持っているかどうかで、どのような仕事に携わるに関係なく充実度が変わります。

この記事では、このたった1つのことをわかりやすく解説します。

この記事は、
・風土の違う5社での経験
・数百名のマネジメント経験
・数千社への営業経験
・100回を超える勉強会の講師経験
・1,000冊近い読書経験

これらの経験を持つよしつが実体験から得たことを元に書いています。

(合せて読みたい、若手社会人が最初に知っておきたいこと(考え方・意識・習慣)

最初の3年間で経験してほしいたった1つのこと

目の前の人に商品を売る経験をする

「目の前にいる人」に商品を売る経験をしてほしいのです。

商品を売った経験そのものよりも、お客様がどのように商品を買ってくれるのか?を目の前で経験してほしいからです。

この経験を持っていることで、お客様と接しない仕事をする場合でも、商品が売れる現場がリアルに想像できます。

お客様は、商品・製品・サービスを販売し、お金をもらう唯一の存在です。

このことをリアルに感じて仕事をすることで、今おこなっている仕事の意味や背景がわかり充実度が大きく上がります。

もちろん、充実度が高いと楽しく仕事ができます。

目の前の人に商品を売る経験で何を得てほしいか?

表情の移り変わり
何を不安に思うか?
全然違う判断基準

上記3つの観点で、お客様がどのようなプロセスをたどって商品を買う決断をするかをリアルに経験してほしいのです。

人の心は状況により移り変わること、人により不安に思うことが全然違うこと、判断基準は人それぞれです。また、自分の考え方でものごとを考えると、判断を間違うことが理解できるからです。

それぞれを説明します。

※この記事では、購入者が自分で判断できるBtoCではなく、BtoBの商売を前提にそれぞれを解説します。

表情の移り変わり

商談の最初は、お客様が購入に対して決定していない状態からスタートます。

そして、最終的に商品を購入してもらうことになったとしましょう。

この場合、商談の初期から最後の間に、お客様の表情が好意的なものに大きく変わる体験をします。

最初は、何か疑いの眼で見ているのですが、どんどんこちらの話に引き込まれていき、最終的には、その商品を買うことを自分で納得させようとします。

その流れの中で、表情がどんどん変わっていくことを目の前で見ることができるのです。

もちろん稟議等の問題もありその場での判断が出ない場合もあります。

ただ、この表情の移り変わりを覚えておくことで、私たちの日々行う仕事が、お客様のその表情のどの部分に直接、もしくは間接的に関わるかをイメージできるようになるのです。

何を不安に思うか?

お客様は、何かを買う場合、メリットだけではなくデメリットも含めて総合的に検討します。

その際に、自分の判断を大事にする人もいるし、上司の判断を推測し、どのような判断をするか?を考える人もいます。

したがって、デメリットと感じる不安点のポイントが人それぞれ違うことを体験できます。

だからこそ、商品力があっても売れていない場合に、想定していない何に不安を感じるのかを考えることができます。

もし、目の前で売る経験がなければ、商品力があれば、売れるはずという考えから抜け出せなくなります。

さらに時間がたつと、商品力がなく売れない場合でも、販売部署のせいだと思うようになります。

このように書くとそんなことはないと感じるでしょうが、販売現場を知らないで10年以上働くと、上記のような思考に多くの人がなります。

風土の違う5社で働き、数千人の人を見てきた実体験をもとにしていますので、間違いないことです。

全然違う判断基準

同じ商品でも、会社や商談する人の役職により、商品を購入する際のロジックは全然違います

なぜならば、会社や役職により設定している課題が違うからです。

商品・製品・サービスの本質は、課題解決の手段です。

(詳しくは、「製品・商品・サービスの本質とは?」をわかりやすく解説を参照)

商品を買おうと思うのは、その商品によって課題が解決できると考えるからです。

したがって、課題が違えば購入するしないの判断が変わるだけでなく、結果、購入するとしても購入に至るロジックが変わります。

商品を売る経験をする方法

営業担当を経験することが手っ取り早いですが、必ず経験できるわけではありません。

経験できない場合は、同行させてもらう、お客様とのWeb会議に積極的に参加させてもらうなどがおススメです。

営業をしたくないと考える人も多いかと思いますが、長い人生のほんの少しでいいので、商品を売る経験することで、皆さんの将来の仕事における充実度が間違いなく上がります。

そして、会社にとって商品力がどれほど重要かを心の中から理解できます。

このような人が多い会社は商品力を上げることに真摯に取り組みますので、良い商品ができる確率が上がります。

結果、会社が儲かり、給料が上がり、お客様も喜ぶという全員がハッピーな会社になります。

会社がそのような状況でなくても、商品を売った経験を元に仕事をしていると、間違いなく実力がつきますので、市場価値が上がり転職する際にも良い条件を獲得できます。

最初の3年間で経験してほしいたった1つのことの「まとめ」

目の前の人に商品を売る経験をしてほしいです。

表情の移り変わり
何を不安に思うか?
全然違う判断基準

上記3つの観点で、お客様がどのようなプロセスをたどって商品を買う決断をするかをリアルに体験してほしいのです。

その経験を生かすことで、充実した仕事ができるようになり、その結果、市場価値が上がり、転職する際にも良い条件を獲得できます。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

おススメ本を紹介しています。以下のページを参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回読んでも学べた本厳選!ビジネスに役立つおすすめ本はこちら

記事一覧から別の記事を探したい場合はこちら

記事一覧
会社の本質に加えて、上記の会社の活動を表した1枚の図に従って、項目分けをしています。知りたい部分からご覧ください。 上図の説明は、よしつブログトップページを参照下さい。 会社関連用語の本質 本質 まとめ記事 「会社関連用語の「本質」 本質 ...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧

タイトルとURLをコピーしました