転職をする前に知っておきたい「転職を失敗する根本原因」

8.20代の転職
※ページに広告が含まれる場合があります。

転職は絶対に失敗したくないですが、現実は失敗する人が多くいます。

聞いていた話と違う、会社の見方が間違っていたなど、転職の失敗の理由には、さまざまな要因はあります。

ただ、これらには共通する根本原因があります。

転職活動前にこのことを知り、転職活動時に強く思い続けることができるかどうかで、転職の成功確率は飛躍的に変わります。

この記事では、転職活動を失敗する「根本原因」と「対策」についてわかりやすく解説します。

この記事は、

・中途採用の責任者の経験
・書類選考及び採用面接の経験
・風土の違う5社での経験
・数百名のマネジメント経験
・数千社への営業経験
・100回を超える勉強会の講師経験
・1,000冊近い読書経験

これらの経験を持つよしつが実体験から得たことを元に書いています。

(あわせて読みたい、20代「転職の判断から転職活動の進め方」をわかりやすく解説

転職を失敗する根本原因とは?

少しの努力で成功できると思ってしまう
焦る気持ちに負ける

この2つが根本原因です。

優秀で内定がたくさん出る人は、このようには感じません。

ただ、私も含めたそうではない人は、この2つで失敗します。

私も3回転職していますが、毎回精神状態が不安定になった経験を持っています。

まずは転職の目的を定義した上で、それぞれを解説します。

転職の目的とは?

転職前の会社より良い会社に勤める

転職するのは、間違いなく今働く会社に不満があるからです。

その不満を解消できたら成功です。

「良い」という基準なので、成功の基準は人それぞれです。

ある人は、労働時間が長く体が壊れそうだった状態を脱却したいので転職したい。

ある人は、今の会社は基本問題ないが、将来の給料のことを考えて転職するなどです。

このような「不」を解消することが転職の目的となります。

また、転職の失敗は、今回は失敗でした、次で頑張って取り返そうというわけにはいきません。

履歴書に転職履歴が残り、書類審査通過率が転職回数と反比例して飛躍的に落ちます。

だからこそ、転職の目的は必達しないといけないのです。

少しの努力で成功できると思ってしまう

転職の目的を達成するのは、とても難しいことです。だからこそ、残念ながら努力が必要です。

普段私は、中途採用の面接もしているのですが、求職者との面接で大きな問題を2つ感じています。

転職活動のノウハウを得ていない
転職サイトやエージェントを1.2社しか使っていない

この2点です。

それぞれ説明します。

転職活動のノウハウを得ていない

今働いている会社に在籍しながら、転職先を探すのが定石です。

したがって、使える時間が少ないのはわかります。

ただ、もっと転職活動の大事なことを知ってほしいのです。

たとえば、転職する会社のことを知りたければ、人事評価制度を知ることが大事です。

なぜなら、経営者の考え方が色濃く出ることと、マネジャーの優秀度合いがわかるからです。

ただ、私は面接の中の質問で1回も聞かれたことはありません。

実は転職のノウハウってたくさんの会社がネットで情報提供していますが、基本表面的になります。

なぜなら、転職を商売にしている人が情報提供している場合が大半で、利害関係が絡むからです。

したがって、人事評価というとても大事なことを聞くようなアドバイスが少ないのです。

転職エージェントや転職サイトを1、2社しか使わない

転職エージェントやサイトを1、2社しか使っていない人がとても多くいます。

複数使うと混乱するからとのことです。

確かにスカウトメールの多さにうんざりします。

1つ考えてみてください。沢山の転職エージェントやサイトすべてに掲載している会社はどんな会社でしょうか?

当然無料ではないので、多くのお金を使って採用しています。

もちろん人が足りていないのでしょう。

ということは、大量に人が辞めている会社か本当に伸びている会社のどちらかです。

前者に入社するとほぼ失敗となります。

後者はほんの少数です。したがって、出会う確率はとても少ないのが実情です。

また、良い会社は、知名度がない会社や不人気の会社と比べると、少ないサイトやエージェントで募集者を集めることができます。

ということは、良い会社がすべてに掲載されているわけではありません

したがって、転職エージェントやサイトを1,2社ではなく、もっとたくさん使わないと成功できる会社と出会う確率が上がらないのです。

焦る気持ちに負ける

転職をするということは、当然書類選考や面接での選考を受けます。

もちろん100%受かりません。転職活動をするとわかりますが、これがボディブローのように効いてきます。

結果、以下の3つのことがおきます。

自分をダメな人間に思ってしまう
転職する会社を妥協する
内定をもらうことが目的になる

それぞれを解説します。

自分をダメな人間に思ってしまう

書類を出しても通過しない。面接を受けても通過しない。このことで自分をダメな人間に思ってしまいます。

転職経験者に聞けばほぼ間違いなくこのように感じます。

感じない人は、よほど優秀か?感情を隠しているか?のどちらかです。

転職する会社を妥協する

内定がなかなかもらえないと、内定が出た時に、本来の思いは片隅に追いやって、内定会社のことを良く見ようとします。

私もこのことを経験しています。

結果、妥協することになるので、多くの場合転職の失敗となります。

内定をもらうことが目的になる

今の会社より良い会社に転職することが目的なのに、気がつけば内定をもらうことが目的になります。

その結果、希望していない会社に応募し始めます。これにより、内定が出てその会社に転職し失敗となります。

また、書類や面接で自分を盛りはじめます。面接で相手をだまして入社できたとしても、当然入社後事前評価との差に苦しむことになります。

根本原因の対策

・少しの努力で成功できると思ってしまう
・焦る気持ちに負ける

まずは根本原因の対策の前にできることを紹介し、そのあとにそれぞれの対策を解説します。

根本原因の対策の前に

就活はスタートとゴールはほぼ同じですが、転職はスタートとゴールは人それぞれです。

うまくいかなければ、今の会社でもう少し頑張ることで、時期を変えてゼロから再スタートできます。

まずはこのことを知っておいてください。

次に転職活動する前に、転職活動時に必要になる職務経歴書に書く内容を事前に計画しましょう。

転職時に書き始めるのではなく、転職検討前に何を書くかを決めて、そのことを実行し実績として書けるようにしておくのです。

詳しくは、将来の転職のために今「履歴書」「職務経歴書」を作るメリットを解説を参照下さい。

少しの努力で成功できると思ってしまうことへの対策

・転職活動のノウハウを得ていない
・転職エージェントや転職サイトを1、2社しか使わない

それぞれの対策を解説します。

転職活動のノウハウを得ていないことの対策

まずは、本当のノウハウを知りましょう。

転職関係の仕事をしていないので、関係各所に利害関係のない私の記事を参照してもらいたいです。

(詳細は、20代「転職の流れ(転職判断・会社選択・広告の見方・面接のポイント)」をわかりやすく解説を参照)

転職エージェントや転職サイトを1、2社しか使わないことの対策

最低4社できれば6社登録しましょう。

確かに大変です。ただ、1、2社では出会う確率が低いのです。

成功のために、良い会社に出会うことが大事です。だからこそ、この部分は妥協すべき部分ではないのです。

おススメな転職エージェントやサイトの活用方法を詳しく書いた記事があります。

詳しくは、失敗しない転職エージェント・転職サイトの選び方と活用方法を参照下さい。

焦る気持ちに負けることへの対策

自分をダメな人間に思ってしまう
転職する会社を妥協する
内定をもらうことが目的になる

それぞれの対策を解説します。

自分をダメな人間に思ってしまうことの対策

まずは以下のことを知っておくことが対策になります。

内定率はとても低い
受けた会社ニーズにより、受からないが多い

この2つを知っておきましょう。

一説には内定率数%~10数%と言われています。

簡単に内定は出ないのです。したがって、書類が通らないこと、面接で通らないことは当たり前なのです。

したがって、通らないことを気にしないことです。

また、受けた会社には会社の都合で内定を出します。例えば、優秀な人でも、一部の条件が合わなければ書類で落とす場合があります。

私が書類選考の際に実際に経験していることです。

また、その時に採用したい人数により、採用したい人物像が変わります。

例えば、1名なら欲しい人物像で探します。ただ、5名採用したい場合、一定基準をクリアすれば、さまざまな人物に内定を出します。

同じ人ばかり採用してもあとで困るからです。

このようにその時々のニーズが変わることで、受からないことがあるのです。

転職する会社を妥協することの対策

まずは、転職する会社の基準を決めます。そして、その基準を書きだしておきます

内定が出た時に合うかどうかを必ず確認してから承諾します。

書き出して確認が冷静に判断できる唯一の方法です。

内定をもらうことが目的になることの対策

上記と同じように応募する会社の基準を決めます。そして、その基準を書きだしておきます

その上で、応募しようと思ったときに、本当に応募する会社かどうかを判断しましょう。

書き出していると、自分で自分を制御しやすくなります。

転職を失敗する根本原因」のまとめ

少しの努力で成功できると思ってしまう
焦る気持ちに負ける

この2つが根本原因です。時間をかけることと、事実を知ることで焦らない状態を作っておきましょう。

転職活動は本当に精神状態が不安定になります。ただ、失敗すると、一生引きずることになります。

転職活動のノウハウを得る
転職エージェントや転職サイトを4社以上使う

そのためにも、上記をおこないましょう。そして、うまくいかない場合は、転職しなければ何回でもやり直せます。

だからこそ、時間をかけましょうね。

上記をふまえて、転職を検討する際は、転職の判断から面接まで解説している、20代「転職の流れ(転職判断・会社選択・広告の見方・面接のポイント)」をわかりやすく解説を参照下さい。

転職エージェント・転職サイトの選び方は、失敗しない転職エージェント・転職サイトの選び方と活用方法を参照下さい。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

何回も読んだおススメ本の紹介は以下を参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回読んでも学べた本厳選!ビジネスに役立つおすすめ本はこちら

記事一覧から探したい場合はこちら

記事一覧
会社の本質に加えて、上記の会社の活動を表した1枚の図に従って、項目分けをしています。知りたい部分からご覧ください。 上図の説明は、よしつブログトップページを参照下さい。 会社関連用語の本質 本質 まとめ記事 「会社関連用語の「本質」 本質 ...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました