マウスをクリクリしている人の無駄をなく「エクセル操作テクニック」5選 

③社会人基本知識
※ページに広告が含まれる場合があります。

エクセルはビジネスに切っても切れないものです。皆さんも日々活用していると思います。

エクセルを使っている際に、マウスのスクロールホイル(マウスの真ん中にあるホイル)を1操作で2回以上クリクリと回してい人は、とても無駄な操作をしています。

また、一番右側にあるスクロールバーで画面を上げ下げしている人も、とても無駄な作業をしています。

この記事では、上記のような操作をしている人向けに、ビックリする位、楽になる方法をわかりやすく解説します。

この記事は、
・したいことを具体的な計算式にできるスキル
・エクセルのデータ処理の業務を10年以上行った経験
・エクセルで数多くのツールを作成した経験
・数値分析を元に様々な提案をおこなった経験

これらの経験を持つよしつが実体験から得たことを元に書いています。

(あせて読みたい 知っておきたいビジネススキル向上のための基礎知識をまとめてわかりやすく解説

1操作でエクセルの最終行・最終列に一気に飛ぶ

エクセルの最終行は何行目ですか?

この質問にマウスをクリクリし始めようとした、スクロールバーで操作しようとした方、すぐ作業を止めてください。現在1,048,576行ありますので、大変な作業になります。

とっても簡単な方法をお伝えします。

エクセルでA1セルをクリックしてから、枠が太くなっている状態で 「Ctrl₊↓」を同時に押してみてください。

そうすると一気に以下のように最終行に行きます。

列に関しては同じように「Ctrl+→」を同時に押すと最終列のXFD列まで飛びましたよね。

とっても簡単です。

入力されているセルの一番最後の行や列に一気に飛ぶ

以下のようにエクセルに数字が入っています。社名の一番最後の行に1操作で飛ぶことができます。

社名の一番上の行をクリック。その後「Ctrl+↓」を同時に押す。

一気に飛びましたよね。このように10行しかなければそんなに便利ではないですが、もし、3,000行あればとっても便利です。

同じように列の場合も「Ctrl+→」を同時に押すと、入力されている最後の列まで飛びます。

1操作で広範囲を範囲指定する

例えば社名が入っているB列すべてを範囲指定できます。

社名の一番上の行をクリック後、「Ctrl+Shift+↓」を同時に押してください。

一気に範囲指定できたでしょ。この状態から更に「Shift+→」を押すと売上部分も追加で範囲指定できます。

簡単でしょ。もう一回「Shift+→」を押すと利益まで範囲指定できます。

また、社名すべてが範囲指定されている状態から「Ctrl+Shift+→」を押すとすべてが範囲指定されます。

これも3,000行とかあればほんと便利です。

番号を一気に入力

ダブルクリック一回で一気にコピーかつ2番、3番と変換されてコピーされます。

A列に番号を入力したい場合、A2に「1番」と入力してから、A2が太く囲われている状態で、四つ角の右下部分にカーソルを当てると太いプラスから細い「+」に変わります。そのままダブルクリックしてみてください。

一気にコピーできました。「文字列」の場合はこのように番号が昇順でコピーされます。 「1位」や「1日」 「1月」なども番号が昇順でコピーされます。

上記は文字列の場合ですが、数値の場合は次のようにすれば昇順でコピーされます。

上記で同じように四つ角の右下部分にカーソルを当てて、ダブルクリックすると

残念ながら1がコピーされます。

この場合は、A2に「1」が入っていたら、A3に「2」と入力してからA2とA3を範囲指定してからA3の 四つ角の右下部分にカーソルを当てて、ダブルクリックすると

一気にできます。

数式を一気にコピー

上記の原理を使って式のコピーもダブルクリック一発でできます。

E2の四つ角の右下部分にカーソルを当てて、ダブルクリックしてみてください。

一気にできます。

無駄をなくすエクセル操作テクニック5選まとめ

この5選を覚えるだけでもかなりの効率化ができるようになります。

操作を覚えるとマウスを一生懸命くりくりしなくてもいいし、スクロールバーを操作しなくても思ったところにたどりつけます。

エクセルってとても優秀です。何か面倒な作業をしていると感じたら、必ず一気に解消する方法がありますので、調べてみてください。

Googleで調べると、とっても優しい人たちが教えてくれます。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

何回も読んだおススメ本の紹介は以下を参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回読んでも学べた本厳選!ビジネスに役立つおすすめ本はこちら

記事一覧から探したい場合はこちら

記事一覧
会社の本質に加えて、上記の会社の活動を表した1枚の図に従って、項目分けをしています。知りたい部分からご覧ください。 上図の説明は、よしつブログトップページを参照下さい。 会社関連用語の本質 本質 まとめ記事 「会社関連用語の「本質」 本質 ...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました