【ビジネススキル一覧付】ビジネススキルとは?をわかりやすく解説

4.個人力(最初に知りたいこと)
※ページに広告が含まれる場合があります。

仕事をする以上ビジネススキルが必要です。

では、ビジネススキルって何でしょうか?とても漠然としています。

Webで検索すると、カッツモデルのテクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルの3つが出てきます。

ただ、この3つの関連性の理解と、何から習得していけばいいかがわかりにくいことが難点です。

この記事では、ビジネススキルをひとつの考え方でつなぐことで、全体及び詳細を体系立てて、わかりやすく解説します。

この記事は、
・風土の違う5社での経験
・数百名のマネジメント経験
・数千社への営業経験
・100回を超える勉強会の講師経験
・1,000冊近い読書経験

これらの経験を持つよしつが実体験から得たことを元に書いています。

(あわせて読みたい、若手社会人が最初に知っておきたいこと(考え方・意識・習慣)

ビジネススキルとは?

仕事をする上で、必要になる能力・技術・考え方のことです。

ビジネススキルの全体像は以下です。

仕事の基本スキル・仕事の最低限のスキル
(パソコン、メール、文章、会話等)
課題設定スキル・目指したい姿を設定するスキル
・「現象」と「原因」を分けるスキル
・「現象」の「原因」を把握するスキル
・様々な「原因」の「真因」を見つけるスキル
打ち手立案スキル・複数の打ち手を立案するスキル
・打ち手を決定するスキル
打ち手実行スキル・打ち手を他の人に理解してもらうスキル
・他の人に動いてもらうスキル

なぜこの全体像なのかを説明します。

ビジネススキルが必要な理由

ビジネススキルが必要な理由は、課題解決をするためです。

会社の活動の本質は課題解決です。私たちの仕事もすべて課題解決です。結果、課題解決のためにビジネススキルが必要となるのです。

したがって、課題を解決できないビジネススキルは必要ないですし、ビジネススキルがあっても、課題解決できないのであれば、無用の長物となります。

会社の活動が課題解決である理由は、仕事の本質である「課題解決の考え方」についてわかりやすく解説を参照下さい。

スキルとは?

そもそも「スキル」とは何かを定義しておきます。この部分がずれるとビジネススキルの解釈が変わるからです。

知識とスキルと能力の関係

知識は「知っていること」で、能力は「できること」です。スキルは「能力の一部」のことで能力と同じ「できること」です。

ちなみに、スキルの集合体が能力となります。

この関係から、知識があるからといって能力・スキルがあるわけではありません。逆に能力・スキルがある状態なら、知識はあります。

たまにスキルを学ぶという言い方をする場合がありますが、「できることを学ぶ」となりますので、この定義からすると間違った使い方となります。

(詳しくは、「知識と能力とスキルの関係」をわかりやすく解説を参照)

ビジネススキルの詳細

私たちの仕事である課題解決のために、必要なビジネススキルの一覧は以下となります。

仕事の基本スキル・仕事の最低限のスキル
(パソコン、メール、文章、会話等)
課題設定スキル・目指したい姿を設定するスキル
・「現象」と「原因」を分けるスキル
・「現象」の「原因」を把握するスキル
・様々な「原因」の「真因」を見つけるスキル
打ち手立案スキル・複数の打ち手を立案するスキル
・打ち手を決定するスキル
打ち手実行スキル・打ち手を他の人に理解してもらうスキル
・他の人に動いてもらうスキル

まずは、課題解決の基本的な手順を説明した後に、これらを解説します。

課題解決の基本的な手順

1.目指したい姿・ありたい姿=ゴールを設定
2.現状を把握
3.現状とのギャップである問題を洗い出す
4.問題の中で解くべき問題を課題とする
5.課題解決の方法と時間軸である戦略を考える
6.戦略の具体的な行動である戦術を考える
7.立案したものを実行する

図にすると以下です。

1~4が課題設定スキルで、5~6が打ち手立案スキル、7が打ち手実行スキルです。仕事の基本スキルはこれらをおこなうために必ず必要なスキルです。

ちょっとした課題解決、大掛かりな課題解決に関係なく上記の流れが手順となります。

この図の詳細は、「目指す姿・現状・問題・課題・戦略・戦術」をたった1枚の絵で表すを参照)

仕事の基本スキル

課題解決するにしても、まずは、仕事の基本スキルがないと仕事ができません

パソコン操作、メールのやりとりのマナー、チャットの操作とマナー、身だしなみ、ビジネス文章の書き方、ビジネス会話などの基本スキルです。

課題設定スキル

・課題設定スキルとは?
・課題設定に必要なスキル

上記2つに分けて解説します。

課題設定スキルとは?

課題設定スキルとは、解くべき問題である課題を適切に設定するスキルです。

解くべき問題を間違うと、正しい打ち手を立案することができません。

したがって、課題の設定は、課題解決で一番大事なことです。

課題設定に必要なスキル

・目指したい姿を設定・把握するスキル
・「現象」と「原因」を分けるスキル
・「現象」の「原因」を把握するスキル
・様々な「原因」の「真因」を見つけるスキル

必要なスキルは上記4つです。

現象と原因と問題と課題の違いは、以下の図を参照下さい。

(詳しくは、人により定義が異なる「問題と課題の違い」をわかりやすく解説を参照)

また、ロジックツリー、3C分析、プロダクトライフサイクルなどのフレームワークを活用することで、課題設定スキルが上がります。

(課題設定に活用できるフレームワークは、組織活動のコアである課題設定・戦略立案に使えるフレームワークを参照)

目指したい姿を設定・把握するスキル

適切な目指したい姿やゴールを設定できるスキルです。

課題解決はすべてここから始まります。

目指す姿を設定する際は、時間軸、達成した場合のインパクト、達成の可能性がポイントです。

上司や顧客の目指す姿を把握するには、適切なヒアリングが必要になります。

ヒアリングが大事という話がよく出ますが、ヒアリング=相手のことを知る一番の目的は、相手の目指す姿を知ることです。

目指したい姿をどう設定・把握するかで、課題設定および時間軸が変わりますので、とても重要です。

「現象」と「原因」を分けるスキル

結果が「現象」、「現象」を引き起こしたものが「原因」です。「現象」は表層、「原因」は根本とも言えます。

この違いを元に現象と原因を分けることができるようになるスキルです。

これができることで、現象である問題の整理と、原因の中にある課題の発見ができるようになります。

「現象」の「原因」を把握するスキル

様々な現象からそれが起こった原因を特定するスキルです。

単純なものはすぐに原因特定できますが、多岐にわたる現象の原因を特定するのは、原因特定の経験が必要です。

これができることで、解くべき問題である課題候補を把握できます。

様々な「原因」の「真因」を見つけるスキル

様々な原因をさらに深堀って、様々な原因を一網打尽に解決できる原因=真因を見つけるスキルです。

1つの原因に1つの真因の場合もありますが、多くは、さまざまな問題の原因が複合的に絡まっていて、その奥底に本当の原因である真因があります。

打ち手立案スキル

・打ち手立案スキルとは?
・打ち手立案のために必要なスキル

それぞれを解説します。

打ち手立案スキルとは?

特定した課題に対する解決策である打ち手を立案できるスキルです。

一番華やかに見えるスキルでもあります。

ただ、課題の設定が適切であれば、2,3個の打ち手から選択するだけとなります。

したがって、大事なスキルではありますが、課題設定の良し悪しに左右されます。

アンゾフの成長マトリクス、ポーターの3つの戦略などのフレームワークを使うとより立案スキルが上がります。

(打ち手案である戦略戦術に使えるフレームワークは、組織活動のコアである課題設定・戦略立案に使えるフレームワークを参照)

打ち手立案に必要なスキルとは?

・複数の打ち手を立案するスキル
・打ち手を決定するスキル

それぞれ解説します。

複数の打ち手を立案するスキル

課題特定が適切だと、最適な打ち手案が設定しやすくなり、多くの打ち手案を考えることが難しくなります。

ただ、さまざまな角度から3つの案を作ることをおススメします。

最適な案がよりよく感じることができますし、もしかしたら、見逃していた観点を見つけることができ、より良い案となる場合もあるからです。

打ち手を決定するスキル

複数の案から一番良い案を選ぶスキルです。

ポイントは、打ち手のインパクトの大きさで判断します。インパクトが大きいとは、目指す姿に一番近づける方法と言えます。

打ち手実行スキル

・打ち手実行スキルとは?
・打ち手実行のために必要なスキル

それぞれを解説します。

打ち手実行スキルとは?

打ち手実行スキルとは、立案した案を社内の人や顧客に理解してもらい動いてもらうスキルです。

打ち手を実行すると、社内・社外の他の人に大小はありますが、影響を及ぼします。

したがって、他の人にまずは打ち手を理解してもらい、協力してもらうことが必ず必要になります。

当然、他の人が絡みますので難易度が上がります。

打ち手実行に必要なスキル

・案を他の人に理解してもらうスキル
・案を理解し行動してもらうスキル

それぞれを解説します。

案を他の人に理解してもらうスキル

相手に論理的に説明し、判断できるレベルまで、内容を理解してもらうスキルです。

プレゼンテーションスキル等を活用する場面です。

基本的な流れは、前述した以下の流れで説明することです。

1.目指したい姿・ありたい姿=ゴールを設定
2.現状を把握
3.現状とのギャップである問題を洗い出す
4.問題の中で解くべき問題を課題とする
5.課題解決の方法と時間軸である戦略を考える
6.戦略の具体的な行動である戦術を考える

世間一般のプレゼンテーションスキルの解説は、上記根幹部分と説明する方法の枝葉の部分に分かれます。

枝葉の部分は後程考えるとして、まずは根幹部分にこだわりましょう。

案を理解し行動してもらうスキル

論理的に説明しても、人は動きません。ただ、論理的に説明しないとそもそも理解してもらえません。

動いてほしい人の感情を動かすには何を訴えるといいのか?を把握することと、理解してもらった後の行動サポートが大事になります。

ビジネススキルとは?の「まとめ」

仕事をする上で、必要になる能力・技術・考え方のことです。

ビジネススキルの全体像は以下です。

仕事の基本スキル・仕事の最低限のスキル
(パソコン、メール、文章、会話等)
課題設定スキル・目指したい姿を設定するスキル
・「現象」と「原因」を分けるスキル
・「現象」の「原因」を把握するスキル
・様々な「原因」の「真因」を見つけるスキル
打ち手立案スキル・複数の打ち手を立案するスキル
・打ち手を決定するスキル
打ち手実行スキル・打ち手を他の人に理解してもらうスキル
・他の人に動いてもらうスキル

仕事の本質である、課題解決という業務をコアにおいて考えると上記になります。

まずは、仕事の基本スキルは早く習得してしまい、課題設定のスキルを習得する時間を確保しましょう。

その際に、課題設定スキルの自分の苦手な部分(=ボトルネック)を上記で明確にし、その部分を対策していくことで、より早く取得できます。

その結果、会社の本質であり、私たちが習得したいスキルを習得でき、市場価値が上がることになります。

ビジネスの知識を増やすには、本を読むことがおススメです。

本を読む習慣がない方は、プロのナレーターが朗読した本をアプリ等で聴けるサービスがおススメです。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較
本を朗読してくれるサービスがあります。「オーディオブック」という総称で呼ばれており、「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の2社がこのマーケットの2強となっています。この記事では、この2社のサービスの違いについて詳細に紹介します。

オーディオブック2強「Amazon Audible」「audiobook.jp」を徹底比較はこちら

おススメ本を紹介しています。以下のページを参照下さい。

何回も読んだおススメ本!ビジネスに必要な5領域12テーマに分けて紹介
今まで、1,000冊弱の本を読んでいますが、結果、沢山の分野の本を読むことになりました。この記事では、私が実際に読んだ本の中から、気づきがとても多くあった、おすすめ本を厳選して紹介します。

何回読んでも学べた本厳選!ビジネスに役立つおすすめ本はこちら

記事一覧から別の記事を探したい場合はこちら

記事一覧
会社の本質に加えて、上記の会社の活動を表した1枚の図に従って、項目分けをしています。知りたい部分からご覧ください。 上図の説明は、よしつブログトップページを参照下さい。 会社関連用語の本質 本質 まとめ記事 「会社関連用語の「本質」 本質 ...

サイトマップはこちら

用語から検索したい場合はこちら

【用語一覧】ビジネス用語・基礎知識 超簡単解説&使い方紹介 
固い表現や小難しい言葉で理解できなかったり、困ったことがある方向けに、すべての用語を超簡単に解説します。 説明が短すぎないように、細かすぎないように、難しい言葉を使わないようにわかりやすく解説することにこだわっています。 ア行~ワ行 (日本...

掲載用語一覧

タイトルとURLをコピーしました