②問題・課題フレームワーク

②問題・課題フレームワーク

「キャズム理論」なぜ溝があるのか?どう超えるのか?をわかりやすく解説

新商品が世間一般に広がるか?それとも、広がらずに終わってしまうのか?この境目となる大きな溝についての理論がキャズム理論です。なぜこのような溝があるのか?そしてどのように乗り越えていけばいいのか?をわかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

ロジカルシンキングの手法のひとつ「ロジックツリー」をわかりやすく解説

ロジカルシンキングは論理的思考と訳されます。これを支える手法の一つにロジックツリーがあります。ヌケモレなく論理的に考えることを実現できる手法です。この記事では、このロジックツリーについて、わかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

「ABC分析」をわかりやすく解説&使い方紹介

業務をおこなっていると、時間が有限なので、すべての顧客や業務に同じ力をかけることができません。このような場面で使えるのがABC分析です。この記事では、このABC分析の使い方と使う際の注意点を、わかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

リクルート「リボン図(リボンモデル)」を事業活用経験を元にわかりやすく解説

リボン図(リボンモデル)はマッチングモデル(プラットフォームビジネス)を1枚の絵で表現するものです。有名なサイトの事業立ち上げ及び事業成長をおこなった経験を元に、リボン図(リボンモデル)をわかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

「SWOT(スウォット)分析」をわかりやすく解説&使い方紹介

自社の置かれている現状を把握するための方法論です。ヌケモレなく見ることができとっても便利です。3Cと実はほぼ同じフレームワークで、大きな視野で物事を考えるサポートしてくれるものです。
②問題・課題フレームワーク

ファイブフォース(5フォース)分析をわかりやすく解説&使い方紹介

業界全体にこれから起きる可能性のある脅威を、事前に想定する際に使えるフレームワークです。日常は、どうしても近視眼的な見方になってしまいます。たまに俯瞰して業界を見てみる際に、ヌケモレなく考える手助けになりますので、わかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

ネットの購買プロセス「AISAS(アイサス)」を解説&使い方紹介

分けて考える方法の一つです。店舗等での購買行動を、「知るから買う」までの5つに分けたAIDMA(アイドマ)を、インターネットでの購買行動に置き換えたAISAS(アイサス)について解説します。
②問題・課題フレームワーク

3C分析とは?作り方・使い方含めてわかりやすく解説

様々な戦略立案を行う際に、現状分析が大事となります。現状分析の一番の基本となるフレームワークが3C分析です。3C分析の解説だけでなく、具体的な作り方・使い方に加えて、他のフレームワークの組合せ方法含めてわかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

購買行動を5つに分解「AIDMA(アイドマ)」をわかりやすく解説&使い方紹介

人の購買行動を分析する方法は多数ありますが、一番有名かつ基本となり、一番使い勝手がいい方法があります。これがAIDMAです。この記事では、人の購買行動を「知るから買う」の5つに分けたAIDMA(アイドマ)をわかりやすく解説します。
②問題・課題フレームワーク

問題解決のために「業務や行動の流れ」に分解し課題を特定する方法を解説

問題・課題解決には「解ける大きさに分解する」方法を知っておくととても便利です。解くべき問題・課題を特定する確率が大きく上がるからです。この記事では、分解する方法のひとつである「業務や行動の流れに分解する」方法について、わかりやすく解説します。